FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I Cry For You,And The Sky Cry For You。

***

笑了一整天,結果仍然混不過去,因為一次無意中的提起。

七年,足夠一個人從里到外所有的細胞換過一遍,可是記憶呢?沒有被換掉的記憶,一次次的念及:很多年前的那場演唱會,有一個人,半帶著撒嬌半帶著認真,“你們不會忘記我吧?哪怕只記得一點點也好”。

笑,記得你,何止一點點。

有人筆下的第98號男孩,曾經躺在台北的一扇窗前小小聲的說話,說著一些,不會從這里掉下去的話。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。